L.ロイテリ菌の効果(全身領域)1

こんにちは、衛生士の仲田です(^-^)

では今回はもう少し詳しく

L.ロイテリ菌の効果(全身領域)

をご説明していきます。

1、ピロリ菌感染症抑制

世界中の人口の半数はピロリ菌に感染しており、中でも50代以降では70%以上が保有者とも言われる。ピロリ菌の感染は胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎の原因になり、さらに胃癌の発生に深くかかわっている。

ピロリ菌感染性胃潰瘍発症の成人がL.ロイテリ菌を摂取。30日後、60%の患者はピロリ菌が完全に消滅した。

2、アレルギー抑制

アトピー性皮膚炎の乳児50名が12ヶ月間L.ロイテリ菌を摂取。12ヶ月で湿疹面積が57%縮減された。

 

このように臨床試験でも結果が報告されています。続きを明日も更新していきます。PhotoGrid_1415592759949



お口の事でお困りでしたら
堺市西区のウエノ歯科
ご予約やご相談等はお気軽に072-266-6480までご連絡ください。

facebookにてお得で、楽しい情報を配信中!!
ウエノ歯科facebookページ