L.ロイテリ菌の効果(全身領域)2

こんにちは★衛生士の大石です!

今日は、また引き続き全身領域の
お話をしていきます!

L.ロイテリ菌を摂取している幼児は
呼吸器系疾患の発症率を37%抑制
発熱率を80%抑制
下痢発症率を75%抑制
できるといったデータも出
ています。

imageその他にも、腸粘膜における
免疫細胞の活性化も確認できており
酸や胆汁等により菌が発生しにくい
人類の体内に、L.ロイテリ菌の
コロニー形成も確認。

他には、
L.ロイテリ菌を、摂取した患者の
99%は開始後4週目で便通が正常化
したというデータも出ています♫

 
ちなみにスタッフの中にも
L.ロイテリ菌を摂取してから、
お通じが良くなったというスタッフも
いてます(o’∀’o)♫!



お口の事でお困りでしたら
堺市西区のウエノ歯科
ご予約やご相談等はお気軽に072-266-6480までご連絡ください。

facebookにてお得で、楽しい情報を配信中!!
ウエノ歯科facebookページ